「合宿免許プラン」と「教習所通い」、どっちがおススメ?

>

運転免許は必要なのか?

免許取得までの期間が短い!

合宿形式で運転免許証で取得するメリットとしては、とにかく取得まで最短ルートの日数で済ますことが出来る点が挙げられます。
というのも、合宿形式の中で必要とされる運転免許証取得のためのカリキュラムは教習所に通いながら受講するものと変わりませんが、合宿形式で受講すると午前から午後まで集中的にカリキュラムに取り組めるため、結果的に短期間で運転免許証を取得出来ます。
もちろん、合宿期間中も土日は休みとする教習所が多いので、体力的にも無理なく受講できます。
平日はあまり遊ぶ時間はありませんが、人によっては教習所に通いながらの細々したカリキュラムよりも、集中的に取り組める「合宿」の方が運転技術を習得しやすいかもしれません。

合宿ならではの難点も

合宿形式の良さがある一方で、難点もいくつかあります。
まず、他人と共同生活をするということへの耐性です。
人によっては、中学・高校時代に学校の経営する寮にいたという経験があるのでしょうが、大多数の人は知らない他人と共同生活を送るということになれていません。
しかし、教習所の合宿という事は、初めて会う人とコミュニケーションを取らざるを得ない場面が生じます。
そういった意味では、人によっては多大なストレスがかかるかもしれないという懸念があります。
また、合宿に参加する人は若者が多いということも、年配の方が合宿形式で教習所に入校すると、コミュニケーションを取る際の障害となるかもしれません。
「極力、人とはコミュニケーションを取りたくない」という場合は、無難に教習所に通う方がいいかもしれません。


この記事をシェアする